タイトル英語で上手に質問する 聞き上手になるために
著者・編者

  • 崎村耕二著
  • Roger Charles Nunn英文校閲

出版社;創元社
出版年;2006年
ISBN;4422810812
テキストリンクhonto amazon

内容(「BOOK」データベースより)

英語で質問するための表現を分類し、使いやすく整理した手引き書である。会話をしている二人の間で、話し手と聞き手というふたつの役割が相互に入れ替わりながら、ダイナミックに進んでいくコミュニケーションのあり方を想定している。これまで「話す」こと一辺倒で取り扱われてきた英語の会話に新しい光をあて、「語る―聞く」という人間的な対話の姿を浮かび上がらせ、理念的な議論よりも具体的な技法に力点を置いている。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

崎村耕二
1957年福岡市生まれ。1983年九州大学大学院文学研究科修士課程修了。京都工芸繊維大学教授(大学院工芸科学研究科基盤科学部門所属。「学術英語表現法」「言語・文化科学特論」等を担当)専門は、英語・英文学、言語文化論

ナン,ロジャー・チャールズ
1951年イングランド生まれ。レディング大学(応用言語学センター)修士課程修了。Ph.D.(応用言語学)取得。高知大学で英語を教えたのち、現在、The Petroleum Institute(アラブ首長国連邦)助教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

目次

  • 第1章 英語の聞き上手になるために―基本的な考え方(英語の反応パターン―相手の話に反応する 英語の質問パターン―質問を投げかける) 
  • 第2章 さまざまな話題について質問する(相手について 一般的話題について 言葉について)