2014年12月26日に受信したフォーリン・アフェアーズのメールマガジンです。

フォーリン・アフェアーズ・リポート2014年12月号

目次

【1】2014年を回顧するパート6
──漂流するヨーロッパ(12/21)
http://bit.ly/1B8Vb8z

■欧米の政治危機とポピュリズムの台頭
── 生活レベルの停滞と国家アンデンティティ危機
ヤシャ・モンク/ニューアメリカン財団フェロー
http://bit.ly/1yA6lpN

■欧州における反移民感情の台頭
ジェーン・パーク/cfr.org Deputy Director
http://bit.ly/1rJZkhM

■キリスト教民主主義の衰退と
ヨーロッパ統合の未来
ヤン・ベルナー・ミューラー / プリンストン大学教授(政治学)
http://bit.ly/XQXOhL

【2】2014年を回顧するパート7
──資本主義とデジタル経済と拡大する格差(12/24)
http://bit.ly/1x6OTqt

■デジタル経済が経済・社会構造を変える
── オートメーション化が導く「べき乗則の世界」
エリック・ブラインジョルフソン/MIT教授(マネジメントサイエンス)
アンドリュー・マカフィー/MITリサーチ・サイエンティスト(デジタルビジネス)
マイケル・スペンス/ニューヨーク大学教授(経済学)
http://bit.ly/1vzw22V

■21世紀の資本主義を考える
── ピケティの『21世紀の資本主義論』批判
タイラー・コーエン/ジョージメイソン大学教授(経済学)
http://bit.ly/1ndNCe2

■歴史の未来
── 中間層を支える思想・イデオロギーの構築を
フランシス・フクヤマ/スタンフォード大学シニアフェロー
http://bit.ly/1nX2GvU

【3】2014年を回顧するパート8
──イスラム国と中東の混乱(12/25)
http://bit.ly/1B8Wa8N

■イスラム国を検証する
── ルーツ、財源、アルカイダとの関係
ザカリー・ローブ/オンラインライター
ジョナサン・マスターズ/cfr.org副編集長
http://bit.ly/1uIkmeF

■レバノン化する中東
── 重なり合う宗派主義と地政学の脅威
バッサル・F・サルーク/レバノン・アメリカ大学准教授(政治学)
http://bit.ly/1uBqTYF

■CFR Interview
米軍部隊の投入は避けられない?
─シリア・イラクにイスラム国に対抗できる集団は存在しない
フレデリック・ホフ/前米政府シリア問題担当特別顧問
http://bit.ly/1z3doX8

【4】あらゆるモノを売る男、起業を成功させる人物とは、他
(1月号プレビュー) (12/26)
http://bit.ly/1xSWieL

■あらゆるモノを売る男
── アマゾン・コム創設者、ジェフ・ベゾスとの対話
ジェフ・ベゾス/ amazon.comの創設者、最高経営責任者
http://bit.ly/1JQWTkT

■起業を成功させる人物とは
マイケル・モリッツ/ ベンチャー・キャピタリスト
http://bit.ly/1HEkDVy

■インターネットと未来都市
── モノのインターネットが支えるスマートシティ
ジョン・チェンバース/シスコ・システムズ 最高経営責任者
ウィム・エルフリンク/シスコ・システムズ エグゼクティブ・バイスプレジデントhttp://bit.ly/1zXoWcT