タイトル戦後日本外交史 第3版補訂版 (有斐閣アルマ)
著者・編者;五百旗頭 真 編
出版社;有斐閣
出版年;2014年
ISBN;9784641220188
テキストリンクhonto amazon


内容(「BOOK」データベースより)

歴史の瞬間は、その時点に立って考えれば、いつも「海図なき航海」であった。戦後日本は、20世紀後半から21世紀の今日までの国際社会をどう航海したのか。めまぐるしく変動する国際環境の中での外交的選択の戦後70年を、ここに再現する。占領期から21世紀の今日に至る日本外交を分析・考慮した、読み応えある戦後日本外交の通史。民主党政権下の日本外交の総括を中心に補訂し、21世紀の世界と日本を考えるに不可欠な視座を提供する。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

五百旗頭真 1943年、兵庫県に生まれる。1967年、京都大学法学部卒業。1969年、京都大学大学院修士課程修了。広島大学政経学部助手、講師、助教授、神戸大学大学院法学研究科教授、防衛大学校長を経て、現職。その間、ハーバード大学客員研究員、ロンドン大学客員研究員など。現在、熊本県立大学理事長、ひょうご震災記念21世紀研究機構理事長、神戸大学名誉教授(日本政治外交史専攻)。法学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

目次

序 章 戦後日本外交の構図(五百旗頭真)
第1章 占領下日本の「外交」(同上)
第2章 独立国の条件─1950年代の日本外交(坂元一哉)
第3章 経済大国の外交の原型─1960年代の日本外交(田所昌幸)
第4章 自立的協調の模索─1970年代の日本外交(中西寛)
第5章 「国際国家」の使命と苦悩─1980年代の日本外交(村田晃嗣)
第6章 冷戦後の日本外交(五百旗頭真)
結 章 戦後日本外交とは何か(同上)

 オフィス樋口Books0087