タイトル英単語ターゲット1900 5訂版 (大学JUKEN新書)
著者・編者
  • 宮川 幸久 著
  • ターゲット編集部 編集
出版社;旺文社
出版年;2011年
ISBN;9784010339176
テキストリンクhonto amazon

内容紹介

大学入試英単語集の決定版、5年ぶりの大改訂! 旺文社独自の大学入試データベースを再整備し、最新の「出る順」を分析。見出し語・意味・補足情報・例文、すべてにわたって全面的な見直しを行いました。 1900見出し語を100単語ごとに区切り、セクション単位でリズムよく学習できるようになっています。見出し語・見出し語の意味が聞ける無料音声ダウンロードサービス付き。 本書『1900』では、センター試験から国公立2次試験・難関私大レベルをカバーします。 単語集対応のシリーズラインナップ(別売)として、 例文の音声を聴ける音声CD、覚えていない単語だけを集めて持ち運べるカード版(Part 1、Part 2に対応)、問題を解いて定着度を確認できる問題集のほか、 5訂版からは、手で繰り返し書きながら覚える『書き覚えノート』、壁に貼って使える『暗記ポスター』も仲間入り! そのほか、1900語の学習完遂をサポートする無料アプリ「ターゲットの友」(iPhone/Android)、文章の中で基本単語・重要単語の1500語を覚えることができる『英文で覚える英単語ターゲットR』も要チェック! 豊富な学習シーンから自分に合ったやり方を見つけることができます。

出版社からのコメント

『ターゲット1900』の特長は「出る順」だけではありません。 「一語一義」主義もそのひとつ。 1つの単語についていくつもの意味を覚えるのは大変です。 『ターゲット1900』では、データベースの分析により、1つの「入試で出題されやすい中心的な意味」を大きく掲載しています。 中心的な意味を覚えれば、文脈の中でほかの意味も推測・判断できるのです。 「ターゲットフレーズ」も工夫のひとつです。 こちらも分析の結果、見出し単語に関連した入試でよく狙われるフレーズを選んであります。 例えば、見出し語 provide に対し、provide A with B というフレーズを掲載していますが、 このフレーズも一緒に覚えることで単語そのものが覚えやすくなるだけでなく、長文読解や英作文にも役立てることができます。 最後に、「ハンディタイプ」であることにも注目です。 コンパクトなサイズ、軽量用紙、開きやすい製本などにより、 片手でしか本を持てない電車の中といった場面でもストレスなく学習が可能、というわけです。 忙しい受験生が、最小の努力で最大限の効果が期待できるように作られた『ターゲット1900』で、 ぜひ合格を勝ち取ってください!

目次

本書で使っている発音記号とその音の具体例
Part 1 常に試験に出る基本単語800
 Section 1(単語番号 1-100)-Section 8(単語番号 701-800)
Part 2 常に試験に出る重要単語700
 Section 9(単語番号 801-900)-Section 15(単語番号 1401-1500)
Part 3 ここで差がつく難単語400
 Section 16(単語番号 1501-1600)-Section 19(単語番号 1801-1900)