タイトル物流ビジネス最前線~ネット通販、宅配便、ラストマイルの攻防~ (光文社新書)
著者・編者;齊藤 実
出版社;光文社
出版年;2016年
ISBN;9784334039318
テキストリンクhonto amazon

 
内容紹介

物流を制するものがビジネスを制する――。物流は現在、経済全体に大きな影響を与える、極めて重要な存在だと認識されるようになった。ネット通販ビジネスが拡大し、私たちの生活に欠かせないものになった物流が企業の競争力を高める生命線となりつつあるいま、アマゾン、ヤマト運輸、佐川急便、日本郵便など、各企業はどのような物流戦略を描いているのか。物流研究の専門家が、日本とアメリカを含めてその現状と課題を読み解く。

内容(「BOOK」データベースより)

物流を制するものがビジネスを制する―。これまで物流は、経済や企業を背後で支える地味な存在で、社会的に大きく注目されるようなことはなかった。しかし現在、物流は経済全体に大きな影響を与える、極めて重要な存在だと認識されるようになった。ネット通販ビジネスが拡大し、私たちの生活に欠かせないものになった物流が企業の競争力を高める生命線となりつつあるいま、アマゾン、ヤマト運輸、佐川急便、日本郵便など各企業はどのような戦略を描いているのか。物流研究の専門家が、ドライバー不足に喘ぐ日本、そしてネット通販先進国であるアメリカの事情を含めて、その現状と課題を読み解く。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

齊藤実 1954年千葉県生まれ。神奈川大学経済学部教授。法政大学経済学部卒業。同大学大学院社会科学研究科博士後期課程単位取得。博士(経済学)。日通総合研究所で交通、物流に関する国内・国外の調査プロジェクトに従事。神奈川大学経済学部助教授を経て現職。専門は物流論、交通論。著書に『アメリカ物流改革の構造』(白桃書房、第一回日本物流学会学会賞などを受賞)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

BLOGOSの記事「【読書感想】物流ビジネス最前線~ネット通販、宅配便、ラストマイルの攻防~」で紹介されています。