タイトル阪急電車 (幻冬舎文庫)
著者・編者;有川 浩
出版社;幻冬舎
出版年;2010年
ISBN;9784344415133
テキストリンクhonto amazon

内容紹介

恋の始まり、別れの兆し、そして途中下車……関西のローカル線を舞台に繰り広げられる、片道わずか15分の胸キュン物語。大ベストセ ラー『図書館戦争』シリーズの著者による傑作の連作集。 --このテキストは、単行本版に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

隣に座った女性は、よく行く図書館で見かけるあの人だった…。片道わずか15分のローカル線で起きる小さな奇跡の数々。乗り合わせただけの乗客の人生が少しずつ交差し、やがて希望の物語が紡がれる。恋の始まり、別れの兆し、途中下車―人数分のドラマを乗せた電車はどこまでもは続かない線路を走っていく。ほっこり胸キュンの傑作長篇小説。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

有川浩
高知県生まれ。『塩の街』で電撃小説大賞“大賞”を受賞して2004年デビュー。『植物図鑑』は第1回ブクログ大賞小説部門“大賞”受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

 オフィス樋口Books0158