タイトルNHK「100分de名著」ブックス 清少納言 枕草子 (NHK「100分 de 名著」ブックス)
著者・編者;山口 仲美
出版社;NHK出版 
出版年;2015年
ISBN;9784140816745
テキストリンクhonto amazon

内容紹介

どうして、春は「あけぼの」? 平安中期、清少納言が中宮定子のもとに出仕した7年間の宮中経験や、その間に感じた物事を綴った日本最古のエッセイ集『枕草子』。当時、初めて散文に取り入れられた風景描写、男女間のエチケットなど、作者独自の観察力・批判力に注目する。紫式部と和泉式部も登場する特別章「女の才能、花開く」収載。

内容(「BOOK」データベースより)

季節の美しさを、時間の観点から切り取る。「春はあけぼの」の章段で清少納言が提示したのは、それまでにない斬新な視点だった―。平安中期、中宮定子に出仕した作者が独自の観察力・批判力で綴った『枕草子』。約一〇〇〇年前に書かれた最古のエッセイ集でありながら、現在に通じる礼儀作法や男女間のエチケット集としても読める、その普遍的な魅力に迫る。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

山口仲美
1943年静岡県生まれ。お茶の水女子大学卒業。東京大学大学院修士課程修了。文学博士。埼玉大学名誉教授。専攻は、日本語学(日本語史、擬声語研究)。1977年、日本古典文学会賞受賞。1987年、金田一京助博士記念賞受賞。2007年、日本エッセイスト・クラブ賞受賞。2008年、紫綬褒章受章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

目次
  • はじめに 描写力抜群のマナー集 
  • 第1章 鮮烈な情景描写 
  • 第2章 魅力的な男とは?女とは? 
  • 第3章 マナーのない人、ある人 
  • 第4章 エッセイストの条件 
  • ブックス特別章 
  • 女の才能、花開く―清少納言と紫式部と和泉式部