タイトル電波の城(22) (ビッグコミックス)
著者・編者;細野 不二彦
出版社;小学館
出版年;2014年
ISBN;9784091860279
テキストリンクhonto amazon

内容紹介

亡き立花哲人が封印した取材ビデオに、レムリア教団崩壊の真相が隠されている……

恋人の詩織に頼まれて、ビデオの捜索を始めた谷口ハジメは、記者独特の嗅覚で、その在処をつきとめます。一方、詩織は立花の盟友であった中央テレビ局の烏丸社長と縁深い、ある女の存在に気づきます。 谷口と共通の目的をもち、恋も仕事も全て順調だった詩織。しかしそんな生活にいつしか陰りが見え始めます。自分の冠番組が丸の内テレビの裏番組に視聴率が追いつかれ、苦戦を強いられます。
それは、新しい舞台に舵を切ろうとするスーパージャーナリスト・本城律子からの挑戦状でした。 そしてある日、退路を断たれて窮鼠となった仁科は、最後の力を振り絞って手紙を谷口に送ります。そのメッセージを谷口が受け取ったとき、この物語は終焉へと向かい始めるのです……