タイトル電波の城(20) (ビッグコミックス)
著者・編者;細野 不二彦
出版社;小学館
出版年;2013年
ISBN;9784091853479
テキストリンクhonto amazon

内容紹介

ある日、詩織の前に現れたのはフリージャーナリストの三隅。
父娘の過去を調べ尽くした彼は、全てを本にして世に問いたいと彼女の前で宣言をします。 そして同時に彼と谷口が実は旧知の仲だということも知り、彼女は愕然とします。
一方、理一の病状は悪化、「Xデー」が着々と差し迫ります。
彼が今のような身体になったのは、あの日起こった事件、詩織の高校時代に起こった「ある事件」が原因でした。 運命共同体である父娘。ふたりが歩むは修羅の道、それ以外はありえないのか…… 詩織はふたりの運命を変えるべく、ひとつの決断をします。