タイトルもう一つの「戦争学」―社会学的アプローチで見る戦争
著者・編者;松村 劭 
出版社;芙蓉書房出版
出版年;2004年
ISBN;4829503483 
テキストリンクhonto amazon

内容(「BOOK」データベースより)

勝つための研究から、戦略論・戦術論、指揮・統率論を排除して社会現象として「戦争」を捉える新しいアプローチの戦争学。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

松村劭
1934年大阪府生まれ。防衛大学校卒業(2期)。陸上自衛隊陸上幕僚監部情報幕僚、作戦幕僚、米国陸軍指揮幕僚大学戦術教官、防衛研究所所員、陸上自衛隊西部方面総監部防衛部長などを歴任後、1985年退職。陸将補。現在は、米国国防総省指定法人「デュピュイ戦略研究所」東アジア代表。専門は、戦略・戦術研究、情報分析(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

目次
  • 第1章 軍事力の歴史を概観する(戦争システムの核心 現代のモデル「紀元前の時代」 ほか) 
  • 第2章 戦争はなぜ起こるのか(海洋国家と大陸国家 戦争の原因―国家戦略の衝突 ほか) 
  • 第3章 戦争の基礎国力(平時の態勢 都市と城砦 ほか) 
  • 第4章 戦争の実行(戦争の決断の主役 宣戦布告 ほか) 
  • 終章 総力戦論批判(南北戦争の鬼っ子 無制限潜水艦戦と戦略爆撃 ほか)