タイトル帝国海軍はなぜ敗れたか (芙蓉軍事記録リバイバル)
著者・編者;御田 俊一
出版社;芙蓉書房出版
出版年;2000年
ISBN;4829502606
テキストリンクhonto amazon

内容(「BOOK」データベースより)

日本海軍は物量だけで負けたのか?公刊文献により、戦略、用兵思想、指揮官・参謀の能力などを徹底分析し、なぜ敗れたのかを検証する!「海軍神話」のタブーに挑戦した意欲作。

内容(「MARC」データベースより)

日本海軍は物量だけで負けたのか? 公刊文献により、戦略、用兵思想、指揮官・参謀の能力などを徹底分析し、なぜ敗れたのかを検証する。1987年刊の新装版。

目次
  1. 軍縮条約脱退 
  2. 無条約時代の日米海軍の拡張 
  3. 対米比率の低下と開戦の関係 
  4. 日米の基本戦略 
  5. 長蛇を逸す真珠湾攻撃 
  6. 日米最初の空母決戦―珊瑚海海戦 
  7. 当然の帰結か!ミッドウェー敗戦 
  8. 空母部隊の再建策と基地航空兵力 
  9. 戦艦等水上艦艇の活用と諸将の戦いぶり 
  10. アメリカ軍攻勢防御作戦を開始す 
  11. 海軍航空兵力の消長 
  12. 大事は去った!ガダルカナル以後