タイトル科学理論の社会学―M.ウェーバーを手掛かりに
著者・編者;河野 員博
出版社;学文社
出版年;2009年
ISBN;9784762019050
テキストリンクhonto amazon

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

河野員博
1949年広島市生まれ。1980年広島大学大学院教育学研究科博士課程後期中途退学。現在、県立広島大学教授。専攻は教育社会学、社会理論、現代日本社会論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

目次
  • 第1章 ウェーバーにおける学問論 
  • 第2章 ウェーバー価値自由論の社会的背景 
  • 第3章 科学的認識と価値判断 
  • 第4章 科学と客観性 
  • 第5章 知識人と党派性 
  • 第6章 教育社会学の諸理論 
  • 第7章 教育社会学をめぐる科学論争 
  • 第8章 科学と科学政策の現段階