タイトル知のフロンティア―生存をめぐる研究の現場 (知のアート・シリーズ)
著者・編者
  • 立命館大学生存学研究センター 監修
  • 渡辺 克典 編
出版社;ハーベスト社
出版年;2017年
ISBN;9784863390850
テキストリンクhonto amazon

目次
  1. 生存をめぐる“病い”を考える(まだ終わっていない“病”―ハンセン病をめぐる現場 スティーブンス・ジョンソン症候群を通じて「治療」を考える ほか) 
  2. 生存をめぐる“関係”を考える(生殖補助医療技術と「親になる資格」 生殖補助技術の現場―非配偶者間人工授精の現在・過去・未来 ほか) 
  3. 生存をめぐる“仕組み”を考える(再生医療/研究にコミットする当事者団体から見えてくるもの 京都・西陣における地域医療の変遷 ほか) 
  4. 生存を“際(きわ)”から考える(日本人がアルゼンチン人になるまで パナマ東部先住民エンベラのもとで調査すること ほか)