タイトル木枯しの手帳 (講談社文庫)
著者・編者;黒岩 重吾
出版社;講談社
出版年;1997年
ISBN;9784062635226
テキストリンクhonto amazon

内容紹介

手垢で光った古い手帳を眺めていると、何かを訴え蠢(うご)めいているように見えた。昔つき合っていた女たちの電話番号が、思い出して欲しい、といっている。その中に沙耶子という女がいた。ある夜突然、女の名が甦る事件が起きた(表題作)。

人生の断面を鋭く切り取った黒岩文学の原点とも言える珠玉のアンソロジー。

内容(「BOOK」データベースより)

手垢で光った古い手帳を眺めていると、何かを訴え蠢めいているように見えた。昔つき合っていた女たちの電話番号が、思い出して欲しい、といっている。その中に沙耶子という女がいた。ある夜突然、女の名が甦る事件が起きた(表題作)。人生の断面を鋭く切り取った黒岩文学の原点とも言える珠玉のアンソロジー。

内容(「MARC」データベースより)

母の死。あるトップ屋の訃報に甦る思い出の数々。中学時代の担任への怨念。愛しき大阪の女たちとの忘れ難い日々。人生のある断面を鋭く切り取った最新作9篇。黒岩文学の原点がここにある。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

目次
  • 春の傷 
  • 木枯しの手帳 
  • 暗いかげろう 
  • ボート物語 
  • 海の童話 
  • 霧の跫音 
  • 靄の顔 
  • 或る戦士 
  • 脳死の残映