タイトル日野原重明のリーダーシップ論: 熟成一〇〇年の英知
著者・編者
  • アンドレア・バウマン
  • 日野原 重明 著
  • 原 不二子 訳
出版社;冨山房インターナショナル
出版年;2017年
ISBN;9784866000282
テキストリンクhonto amazon

内容紹介

現代におけるリーダーシップとは。原文の英文も掲載

内容(「BOOK」データベースより)

現代におけるリーダーシップとは。職場で、地域で、集まりで…リーダーシップに欠ける現代社会において、多岐にわたるキャリアをこなしておられる日野原重明先生の生き方から、この問いかけに対する答えを示す。海外でも通用する重要なものであり、原文の英文を掲載。

著者について

アンドレア・バウマン(Andrea Baumann)
カナダ生まれ。ウィンザー大学卒業、ウェスタンオンタリオ大学修士課程、トロント大学博士課程修了(PhD)。マクマスター大学健康科学部看護学科長に就任中、アラブ首長国連邦で初のシャージャー大学健康科学部を設立し学部長を併任、国際的活動も多い。現在はマクマスター大学健康科学部准副総裁、グローバルヘルス、プライマリーヘルスケアおよび保健人材に関するWHO協力センター長。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

バウマン,アンドレア
カナダ生まれ。ウィンザー大学卒業、ウェスタンオンタリオ大学修士課程、トロント大学博士課程修了(PhD)。マクマスター大学健康科学部看護学科長に就任中、アラブ首長国連邦で初のシャージャー大学健康科学部を設立し学部長を併任、国際的活動も多い。意思決定、リーダーシップ、看護職の職業生活、看護実践の質改善、看護管理、その他健康科学の改善に向けた研究論文や著書多数。現在はマクマスター大学健康科学部准副総裁(グローバスヘルス)、プライマリーヘルスケアおよび保健人材に関するWHO協力センター長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

目次
  • 第1章 ビジョン 
  • 第2章 ベンチャー(冒険的事業に挑む) 
  • 第3章 ビクトリー 
  • 第4章 メンターの役割(現在と過去の師から学ぶ) 
  • 第5章 リーダーシップという概念 
  • 結論 
  • ボストン・ジャパン・ソサエティでのスピーチ(二〇〇八年五月五日) 
  • 日野原先生の大事なひとこと LEADERSHIP(英文テキスト)