タイトル仏教と儒教―日本人の心を形成してきたもの (放送大学教材)
著者・編者
  • 竹村 牧男
  • 高島 元洋 編著
出版社;放送大学教育振興会
出版年;2013年
ISBN;9784595314049
テキストリンクhonto amazon

商品の説明

放送大学の教材です。以下シラバスより抜粋「日本の思想、哲学、むしろ日本人のものの見方・考え方の背景に、仏教と儒教が大きな役割を果たしていることは誰もが知っていることである。この二つの思想は、ともに外来思想である。それを日本人は古来、深く学んできたのであるが、日本仏教・儒教として表現されたものはもとの姿とかなり異なるものとなったことも事実である。この授業では、まず仏教と儒教の源流がどのようなものであるのかを明らかにし、ついでそれらが日本においてどのような変遷をたどったのか、それぞれの時代の思想を辿りつつ検討する。さらに、これらの外来思想に対抗する、日本古来の思想と見なされる国学や神道思想に関しても検討を加える。」