タイトル50代からの「老いない体」のつくり方 (単行本)
著者・編者;満尾 正
出版社;三笠書房
出版年;2016年
ISBN;9784837926559
テキストリンクhonto amazon

内容紹介

50代は、体の機能が衰え、老化が目に見えて進む時期。 正しくケアをするかしないかで、「見た目の若さ」も「体の若さ」も 大きな差が開きます。
カギを握るのは、ミラクル若返りホルモン「「DHEA」の分泌を活性化すること。
本書では、「心・食・動」、すなわち「心の持ち方」「食べ方」「体の動かし方」の 3つをベースに、老いない体のつくり方をわかりやすく紹介します。
たとえば・・・・・・
■体脂肪率は「ちょっと高め」を目指す
■1日1個、「卵」を食べる
■歩く速さで「10分間、ゆっくり走る」 などなど、1つ実践するごとに、体が変わる――。
そんな驚きと喜びが味わえる本です! 「オールカラー&図解」ベストセラー『40歳からの「太らない体」のつくり方』 待望の第2弾!

内容(「BOOK」データベースより)

若返りホルモンDHEAが、人生の質を高める!4週間で劇的効果!名医が教える!10歳以上、若く見える人の習慣。

著者について

満尾クリニック院長、医学博士

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

満尾正
満尾クリニック院長・医学博士。1982年、北海道大学医学部卒業。内科研修を経て杏林大学救急医学教室講師として救急救命医療に従事。ハーバード大学外科代謝栄養研究室研究員、救急振興財団東京研修所主任教授を経た後、2001年、「キレーション治療(有害金属の体外排泄と動脈硬化に有効な点滴治療)」を中心とした満尾クリニックを開設。「アンチエイジング(老化防止)医療」の日本国内における先駆者となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

目次
  • 1章 今日から変わる!「50代からの人生」―「加齢時計」の針を遅くする法 
  • 2章 実感!50代の体が若返る「食習慣」―「太らない体=老いない体」をつくる法 
  • 3章 50代から「サビない体・コゲない体」をつくる食材―「塩分」「脂肪」「炭水化物」のじょうずなとり方 
  • 4章 50代の体がよみがえる「満尾式・体の動かし方」―「老いない体」をつくるウォーキング法・ストレッチ法 
  • 5章 熟睡できる50代は、いつまでも「脳」が若い!―明日の自分に活力を与える「心・頭」健康法 
  • 6章 元気で長生きできるかは「腸内環境」で決まる!―50代からの「免疫力アップ」法