タイトル逆説の日本史〈1〉古代黎明編―封印された「倭」の謎 (小学館文庫)
著者・編者;井沢 元彦
出版社;小学館
出版年;1998年
ISBN;4094020012
テキストリンクhonto amazon

内容紹介

「卑弥呼は天照大神だった!」日本史の常識を覆す大胆な推理で知的興奮を喚起したあのベストセラー初の文庫化。本書では、日本史の総点検をめざす著者の問題意識を読者に投げかけることから始まる。従来の歴史アカデミズムには大きな欠陥があると著者は説く。史料、記録だけが歴史ではない。人間が人間として生きていた時代を今に甦らせるために今必要なことは人々の自由な発想、想像力であると。解説・藤岡信勝。

出版社からのコメント

「卑弥呼は天照大神だった!」常識を覆す圧倒的人気の井沢日本史で、知的興奮の連続また連続。

内容(「BOOK」データベースより)

教科書ではわからない日本史の空白部分に迫る。従来の歴史学界の権威主義、史料至上主義、呪術観の無視、以上の三大欠陥を指摘しながら古代史の謎を推理、解明していく。日本人の「わ」の精神のルーツは?宮内庁が天皇陵の学術調査を拒み続けるのはなぜか?あの出雲大社はオオクニヌシノミコトの怨霊を封印するために建てられた「霊魂の牢獄」ではなかったか?当時最高の知識人であった聖徳太子はなぜ、「和」こそが日本人の最高の原理としてあげたのか?など。

目次
  • 序論 日本の歴史学の三大欠陥 
  • 第1章 古代日本列島人編―日本はどうして「倭」と呼ばれたのか 
  • 第2章 大国主命編―「わ」の精神で解く出雲神話の“真実” 
  • 第3章 卑弥呼編―女王殺害と紀元二四八年の重大事件 
  • 第4章 神功皇后編―邪馬台国東遷説を裏付ける宇佐神宮の拝礼作法 
  • 第5章 天皇陵と朝鮮半島編―日本人のルーツと天皇家の起源