タイトルこれ、いったいどうやったら売れるんですか? 身近な疑問からはじめるマーケティング (SB新書)
著者・編者;永井孝尚
出版社;SBクリエイティブ
出版年;2016年
ISBN;9784797388954
テキストリンクhonto amazon

内容紹介

モノは売り方が9割 身近な8つの疑問からマーケティングの基礎を学ぼう!
会議でよく聞くあんな言葉、こんな言葉、すべてこの1冊でわかります!
  • 第1章 腕時計をする人は少ないのに、なぜ腕時計のCMは増えているのか? (この章で学べること:コモディティ化/バリュープロポジション/ブルーオーシャン戦略/マーケティングミックス) 
  • 第2章 人はベンツを買ったあと、どうしてベンツの広告を見てしまうのか (認知的不協和/顧客ロイヤルティ/顧客生涯価値/顧客満足の仕組み/ブランド資産) 
  • 第3章 なぜクリスマスにマンゴーが食べられるのか? (イノベーション/顧客の創造(ドラッカー)/プロダクトアウト) 
  • 第4章 あの行列のプリン屋が赤字の理由 (価格戦略/価値基準型価格設定/コスト基準型価格設定) 
  • 第5章 セブンの隣になぜセブンがあるのか (チャネルの考え方/チャネルコンフリクト/ランチェスター戦略/外線戦略・内線戦略) 
  • 第6章 女の太った財布には何が入っているのか? (競争戦略(コストリーダーシップ、差別化戦略、集中戦略)/規模の経済、経験曲線/顧客開発プロセス) 
  • 第7章 きゃりーぱみゅぱみゅはなぜブレイクしたのか? (イノベーター理論/キャズム理論)
  • 第8章 古本屋がふつうの本屋より儲ける理由 (5つの力/参入障壁) 
目次
  • 第1章 腕時計をする人は少ないのに、なぜ腕時計のCMは増えているのか? 
  • 第2章 人はベンツを買った後どうしてベンツの広告を見てしまうのか 
  • 第3章 雪の北海道でマンゴーを育てる? 
  • 第4章 あの行列のプリン屋が赤字の理由 
  • 第5章 なぜセブンの隣にセブンがあるのか? 
  • 第6章 女性の太った財布には、何が入っているのか 
  • 第7章 きゃりーぱみゅぱみゅは、なぜブレイクしたのか? 
  • 第8章 古本屋がふつうの本屋より儲かる理由
内容(「BOOK」データベースより)

なぜ「あれ」は売れるのに「これ」は売れないのか。マーケティングは、勉強したいと思いつつ、つい後回しになりがちです。そこで本書は、身近な事例でマーケティングが学べる、8つの物語を収録しました。モノを売る仕事をする人にとって、マーケティングの知識は必須です。この1冊から、マーケティングに親しめば、きっと明日からあなたの売り方が変わるはずです。

著者について

永井孝尚(ながい たかひさ)
マーケティング戦略アドバイザー。1984年に慶應義塾大学工学部を卒業後、日本IBMに入社。マーケティングマネージャーとして事業戦略策定と実施を担当、さらに人材育成責任者として人材育成戦略策定と実施を担当し、同社ソフトウェア事業の成長を支える。2013年に日本IBMを退社して独立。マーケティング思考を日本に根付かせることを目的に、ウォンツアンドバリュー株式会社を設立して代表取締役に就任。専門用語を使わずにわかりやすい言葉でマーケティングの本質を伝えることをモットーとし、製造業・サービス業・流通業・金融業・公共団体など、幅広い企業や団体を対象に、年間数十件の講演やワークショップ研修を実施。著書に『100円のコーラを1000円で売る方法』(KADOKAWA )などがある。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

永井孝尚
マーケティング戦略アドバイザー。1984年に慶應義塾大学工学部を卒業後、日本IBMに入社。マーケティングマネージャーとして事業戦略策定と実施を担当、さらに人材育成責任者として人材育成戦略策定と実施を担当し、同社ソフトウェア事業の成長を支える。2013年に日本IBMを退社して独立。マーケティング思考を日本に根付かせることを目的に、ウォンツアンドバリュー株式会社を設立して代表取締役に就任。専門用語を使わずにわかりやすい言葉でマーケティングの本質を伝えることをモットーとし、製造業・サービス業・流通業・金融業・公共団体など、幅広い企業や団体を対象に、年間数十件の講演やワークショップ研修を実施(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

BLOGOSの記事『これ、いったいどうやったら売れるんですか? 身近な疑問からはじめるマーケティング』で紹介されています。