2018年7月13日に受信したフォーリンアフェアーズのメールマガジンです。

フォーリン・アフェアーズ・リポート 2018年7月号 

1. 2018年7月号のご紹介 (7月10日発売)
フォーリン・アフェアーズ・リポート 7月号

<7月号のご紹介>
7月号では「人工知能とゲノム編集」をテーマに、人工知能が経済・政治、そして地政学に与える影響を分析した「テクノロジー・ワールド―― 地政学革命としての人工知能」、ゲノム編集技術CRISPRを開発したジェニファー・ダウドナの「ゲノム編集の進化とリスク」などを掲載予定です。さらに、「リアリスト・ワールド―― 米中の覇権競争が左右する世界」などで今後の世界情勢を多角的に分析していきます。その他にも強権化を進めるプーチン政権、かつてないスピードでインフラ輸出を進める中国の一帯一路構想、デジタルグローバル化が貿易・社会に与える影響など多くの刺激的なテーマを取り上げております。

<7月号プレビュー>
  • 破綻したプーチンの統治モデル ―― 情報機関の没落と恐怖政治の復活 → https://www.foreignaffairsj.co.jp/focalpoints/2018-7-9-mon/ 
  • あなたが暮らす未来 ―― テクノロジー・ワールド、ほか → https://www.foreignaffairsj.co.jp/focalpoints/2018-7-10-tue/ 
  • イランの孤立と紛争後のシリア ―― なぜ親アサド同盟は分裂したか → https://www.foreignaffairsj.co.jp/focalpoints/2018-7-11-wed/ 
  • 遺伝子工学ゲノム編集の未来 ―― 人類社会への大いなる貢献か、それとも悪夢か → https://www.foreignaffairsj.co.jp/focalpoints/2018-7-12-thu/ 
  • 地政学革命としての人工知能(AI) ―― AIのポテンシャルとリスク → https://www.foreignaffairsj.co.jp/focalpoints/2018-7-13-fri/