2018年7月20日に受信したフォーリンアフェアーズのメールマガジンです。

フォーリン・アフェアーズ・リポート 2018年7月号 

1. 2018年7月号のご紹介 (7月10日発売予定)
フォーリン・アフェアーズ・リポート 7月号
<7月号のご紹介>
7月号では「人工知能とゲノム編集」をテーマに、人工知能が経済・政治、そして地政学に与える影響を分析した「テクノロジー・ワールド―― 地政学革命としての人工知能」、ゲノム編集技術CRISPRを開発したジェニファー・ダウドナの「ゲノム編集の進化とリスク」などを掲載予定です。さらに、「リアリスト・ワールド―― 米中の覇権競争が左右する世界」などで今後の世界情勢を多角的に分析していきます。その他にも強権化を進めるプーチン政権、かつてないスピードでインフラ輸出を進める中国の一帯一路構想、デジタルグローバル化が貿易・社会に与える影響など多くの刺激的なテーマを取り上げております。(「テクノロジー・ワールド」、「一帯一路戦略の挫折―― 拡大する融資と影響力の不均衡」などは購読者限定の論文データベースで先行公開しております)。 

2. From Focal Point:https://www.foreignaffairsj.co.jp/focalpoints/
  • ポストアメリカの世界経済 ―― リーダーなき秩序の混乱は何を引き起こすか → https://www.foreignaffairsj.co.jp/focalpoints/2018-7-17-tue/  
  • 米中が規定する北東アジア地政学 ―― 覇権競争、北朝鮮、台湾 → https://www.foreignaffairsj.co.jp/focalpoints/2018-7-18-wed/
<8月号プレビュー>
  • ワーミング・ワールド ―― 気候変動というシステミック・リスク → https://www.foreignaffairsj.co.jp/focalpoints/2018-7-19-thu/  
  • 勝者なき重商主義と貿易戦争 ―― 貿易と安全保障 → https://www.foreignaffairsj.co.jp/focalpoints/2018-7-20-fri/