タイトル科学的 潜在意識の書きかえ方
著者・編者;小森 圭太
出版社;光文社
出版年;2018年
ISBN;9784334950385
テキストリンクhonto amazon

内容紹介

★★★発売1か月半で早くも4刷! ★★★
封印された「自分の天才性」を解き放つ! ――量子論と脳科学で「引き寄せ」を解明

多くの人は自分の外側、つまり、環境を変えることで自分の内側である感情を変えようとします。
つまり、人、モノ、金を望ましい状態に変えることで、感情的な満足を得ようとするんです。
でも、多くの場合、その試みが上手くいかず、悩み苦しみます。
案外、あなたもそのパターンを繰り返していませんか?
実は逆なんですよ。
あなたの内側、つまり、潜在意識(無意識)を本来のあなたが望んでいる方向に変えると、外側である環境が変わるんです。
そして、その事実に多くの幸せな成功者や富裕層は氣付いています。 実際にそのような成功者、富裕層の方々が、「なぜそうなるのか科学的な裏付けや理屈を知りたい」と、私の講座やセッションにお越しになる場合が結構あるからです。
本書は、潜在意識の書きかえ方、そして潜在意識を書きかえるとなぜ環境が変わるのかについて、科学的な観点からご説明します。

内容(「BOOK」データベースより)

封印された「自分の天才性」を解き放つ!量子論と脳科学で科学的に「引き寄せ」を解明。

著者について

小森圭太(こもりけいた)
東京都杉並区出身。武蔵大学経済学部卒業。会社員時代に社費にて米国留学(UC Berkeley Extention)。 京セラ本社広報宣伝部にて海外広告を担当していた時に、元アップルCEO故スティーブ・ジョブズ氏がスタンフォード大学卒業式で行った伝説のスピーチに出会い、魂が揺さぶられるほどの感動を覚える。 同時に「本当に自分は自分の人生を生きているのか?」との疑問が芽生え始める。 それ以来、理論や理屈、損得よりも、自分が何に歓びや充実を感じるのかにフォーカスしながら、直感や心に従い何事も選択をするようになる。 その後、仏系大手製薬会社の日本法人勤務を経て独立。 量子論と脳科学の解釈を加えた引き寄せ実践体験を元に、独自の「量子論的引き寄せ理論」を構築し、セッションや講座、セミナーで提供している。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

小森圭太
東京都杉並区出身。武蔵大学経済学部卒業。会社員時代に社費にて米国留学(UC Berkeley Extention)。京セラ本社広報宣伝部にて海外広告を担当していた時に、元アップルCEO故スティーブ・ジョブズ氏がスタンフォード大学卒業式で行った伝説のスピーチに出会い、魂が揺さぶられるほどの感動を覚える。同時に「本当に自分は自分の人生を生きているのか?」との疑問が芽生え始める。それ以来、理論や理屈、損得よりも、自分が何に歓びや充実を感じるのかにフォーカスしながら、直感や心に従い何事も選択をするようになる。その後、仏系大手製薬会社の日本法人勤務を経て独立。量子論と脳科学の解釈を加えた引き寄せ実践体験を元に、独自の「量子論的引き寄せ論」を構築し、セッションや講座、セミナーで提供している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

目次
  • 第1章 引き寄せは物理法則で説明できる 
  • 第2章 脳の仕組みと引き寄せ 
  • 第3章 潜在意識を書きかえる方法1 言葉を整える 
  • 第4章 「本当の自分の望み」を見つける3つのワーク 
  • 第5章 潜在意識を書きかえる方法2 身体を整える 
  • 第6章 「本当のあなた」の能力を覚醒するために