タイトルスクールガール・コンプレックス SCHOOLGIRL COMPLEX 5 少女幻論
著者・編者;青山裕企
出版社;イースト・プレス
出版年;2018年
ISBN;9784781616896
テキストリンクhonto amazon

内容紹介

深淵を覗く、少女写真集。

女の子は無邪気で狡猾。 どちらが真実? おそらくともに幻想なのだ。
深淵を覗く、少女写真集。
ベストセラーシリーズ、 「スクールガール・コンプレックス」の新境地。
この瞬間が永遠ではないことを少女たちは知っている。
だからこそぼくらはそれを記憶に留めようと抗うんだ。 青山さんは写真で。ぼくは絵で。

江口寿史(漫画家/イラストレーター

内容(「BOOK」データベースより)

女の子は無邪気で狡猾。どちらが真実?おそらくともに幻想なのだ。少女写真集「スクールガール・コンプレックス」、さらなる進化を遂げた第5弾。深淵を覗く少女写真集。

著者について

1978年愛知県名古屋市出身。筑波大学第二学群人間学類(心理学専攻)を卒業後、写真家として活動。2007年『キヤノン写真新世紀』優秀賞(南條史生選)受賞。2013年『スクールガール・コンプレックス』が映画化される(主演: 森川葵・門脇麦)。著書に『むすめと! ソラリーマン』『SCHOOLGIRL COMPLEX 2006-2015』『絶対領域』『吉高由里子UWAKI』『ガールズフォトの撮り方』『パイスラッシュ』『SCHOOLBOY COMPLEX』『僕の妹は、写真家になりたい。』、生駒里奈(乃木坂46)ファースト写真集『君の足跡』、オリエンタルラジオ x 青山裕企 写真集『DOUSEI -ドウセイ-』、『「写真で食べていく」ための全力授業』『ネコとフトモモ』『クリエイターのためのセルフブランディング全力授業』ほか多数。サラリーマンや女子学生など“日本社会における記号的な存在"をモチーフにしながら、自分自身の思春期観や父親像などを反映させた作品を制作している。日本ならではの人間関係の複雑さを、シンプルなビジュアルで世界に伝えることを目標としている。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

青山裕企
1978年愛知県名古屋市出身。筑波大学第二学群人間学類(心理学専攻)を卒業後、写真家として活動。2007年『キヤノン写真新世紀』優秀賞(南條史生選)受賞。2013年『スクールガール・コンプレックス』が映画化される(主演:森川葵・門脇麦)。サラリーマンや女子学生など“日本社会における記号的な存在”をモチーフにしながら、自分自身の思春期観や父親像などを反映させた作品を制作している。日本ならではの人間関係の複雑さを、シンプルなビジュアルで世界に伝えることを目標としている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)