タイトル写真とフェチ 視線のエロティシズム
著者・編者
  • 花盛 友里
  • 伴田 良輔
  • 須崎 祐次 
  • 相澤 義和 
  • 門嶋 淳矢
  • 山本 華漸
  • フクサコ アヤコ
  • 渡辺 達生
  • 笠井 爾示
  • 青山 裕企
出版社;玄光社
出版年;2018年
ISBN;9784768309919
テキストリンクhonto aamzon

内容紹介

「あなたは何フェチ?」写真家10人の官能と陶酔

唇、制服、透け感、マゾヒズム、豊満、パンツ、おしり、触手……女性へのフェティシズムを、写真家の視点から制作したオムニバス写真集。

「〇〇が好き」「説明はできないけれど、なぜか惹かれる」という感覚は、誰しもが持っているもの。住む場所や地域によって生活が異なるように、フェチにも広く深淵な世界が広がっているのだ。
本書では、現代の写真家10人の視点からその一端を見てみようという試みだ。あなたはそこに何を思うだろう。共感か反撥か、ひょっとするとこれまでとは違う世界が見えてくるかもしれない。

▼参加作家
花盛友里
須崎祐次
相澤義和
門嶋淳矢
山本華漸
フクサコアヤコ
渡辺達生
笠井爾示
青山裕企
伴田良輔

内容(「BOOK」データベースより)

「あなたは何フェチ?」写真家10人の官能と陶酔。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

花盛友里
1983年生まれ、大阪府出身。中学時代から写真の楽しさに目覚め、2009年よりフリーランスとして活動開始。女性誌や音楽誌、広告などで、主にポートレートの撮影を手がける

須崎祐次
1963年生まれ、東京都出身。日本大学芸術学部卒業。1988年に渡米、ニューヨークを拠点に写真、版画、油絵などの作品を手がける。1992年に帰国、写真作家として活動を開始するとともに広告、ファッション、音楽などの写真も始める

相澤義和
1971年生まれ、東京都出身。1996年に四谷スタジオ(現・スタジオD21)入社。2000年よりフリーランス

門嶋淳矢
1970年生まれ、東京都出身。1994年藪下修氏に師事。1999年に独立し、フリーランスとして活動開始。写真集、雑誌、書籍、ウェブなどで人物撮影を中心に活動。女性のみでなく、男性ポートレートにおいても定評がある。近年は講師として写真講座セミナーも手がけている

山本華漸
2000年にファッションデザイナーとしてブランドを立ちあげ、伊勢丹・パルコ・三越などで販売していたものの、ブランドクローズ。当時ブランドのファッションフォトを自ら撮影していたことからプロフォトグラファーに転身。現在ファッションの広告・カタログ撮影と各種ポートレート写真を中心に活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)