2018年10月10日に受信したニューズウィーク日本語版ニュースメールです。

週刊ニューズウィーク日本版 「特集:「儲かるエコ」の新潮流 サーキュラーエコノミー」〈2018年10月16日号〉 [雑誌] 

COVER STORY

単なるリサイクルでなく目指すのはあくまで儲かるビジネス── 地球と経済を救う革新概念「サーキュラー・エコノミー」とは
  • 経済モデル 循環型経済で地球の未来を救え 
  • ケーススタディー 循環社会への新たな挑戦 
  • 理想と利益を追求し食品ロスをなくす/ヨーグルトのかすがジェット燃料に 相乗りで交通の無駄を解消/火山灰のコンクリートが都市の省エネを促進 ロンドンの消火ホースを粋なバッグに/コオロギ食は地球と体に優しい トマトの廃棄物を使った夢の微生物燃料電池/「プラスチックゼロ」世界初の店が出現 
  • 100%再利用できる魔法のじゅうたん/自然と調和する布素材を求めて スタバとマックが挑む使い捨てカップ革命/水と電気と微生物から食料生産 残り物のパンが美味なビールに/廃棄物の活用でレア資源を節約フリマアプリで所有から利用へ 雑草を資源に変える合鴨農法/プラスチックを食べるバクテリア 海洋汚染 プラスチックから海を守る 
  • 調査 海岸ゴミを減らすデポジット制度 
  • 視点 生産型から循環型へ経済の大変革が始まった