タイトル徳川家康大全
著者・編者;小和田 哲男
出版社;ロングセラーズ 
出版年;2016年
ISBN;9784845409822
テキストリンクhonto amazon

内容紹介

家康遺訓は実は水戸黄門の作だった?「神」か「狸」か。武将としての器量。人生観・宗教観・女性観等、実像に迫る。著者は、2017年NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」や「功名が辻」や「軍師官兵衛」など、数多くの大河ドラマで時代考証を手がけた戦国史研究第一人者が綴る。不動の人気の「徳川家康」の全てを網羅。

内容(「BOOK」データベースより)

「神」か「狸」か武将としての器量、人生観・宗教観・女性観・健康法など、その知られざる実像に迫る。

著者について

小和田 哲男(おわだ てつお)
1944年、静岡市に生まれる。
1972年、早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了。
2009年3月、静岡大学を定年退職。
現在、静岡大学名誉教授。

研究分野は、日本中世史、特に戦国時代史。 主な著書、『日本人は歴史から何を学ぶべきか』(三笠書房、1999年)『戦国の城』(学研新書、2007年)『悪人がつくった日本の歴史』(中経の文庫、2009年)『お江と戦国武将の妻たち』(角川ソフィア文庫、2010年)『戦国三姉妹茶々・初・江の数奇な生涯』(角川選書、2010年)『お江 戦国の姫から徳川の妻へ』(角川書店、2010年)『黒田如水』(ミネルヴァ書房、2012年)『名軍師ありて、名将あり』(NHK出版、2013年)『黒田官兵衛 智謀の戦国軍師』(平凡社新書、2013年)などがある。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

小和田哲男
1944年、静岡市に生まれる。1972年、早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了。2009年3月、静岡大学を定年退職。現在、静岡大学名誉教授。研究分野は、日本中世史、特に戦国時代史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

目次
  • 1章 人間家康、苦難の門出 
  • 2章 天下盗りへの戦略・戦術 
  • 3章 信長・秀吉・家康の国盗り合戦 
  • 4章 「将の器」―天下を制した家康の器量 
  • 5章 徹底分析!家康勝利の秘密 
  • 6章 徳川家康―太平国家への総仕上げ