タイトル「ひらめき」はこう生まれる クリエイティブ思考ワークブック
著者・編者
  • ドルテ・ニールセン 
  • サラ・サーバー 著
  • 岩崎 晋也 訳
出版社;CCCメディアハウス
出版年;2018年
ISBN;9784484181134
テキストリンクhonto amazon

内容紹介

クリエイティビティは一部の天才だけのものではない。 誰もが練習で習得できる。 ビジネスで一番大切なのは「連想」と「発想」。 他の誰もが思いつかないクリエイティビティを練習で手に入れよう。 アイデアを生みだすのがうまい人はつながりを見つけるのがうまい。 つながりを見つけられれば新たな選択肢を見つけ、独自の解決策を生みだし、遠くのものを組み合わせることができ、そこから独創的なアイデアが生まれてくる。つながりを見つけ、生みだす能力を鍛えれば、精神的な柔軟性、頭の回転の速さ、適応力が身につく。それはまた、クリエイティブに考える人の特徴である独創的なアイデアを得ることにもつながる。(Part 1 より抜粋)

つながりを見つける能力を鍛えることでクリエイティブに考える能力が高められる。

内容(「BOOK」データベースより)

クリエイティビティは一部の天才だけのものではない。誰もが練習で習得できる。ビジネスで一番大切なのは「連想」「発想」。他の誰もが思いつかないクリエイティビティを手に入れる。

著者について

●ドルテ・ニールセン(Dorte Nielsen)
創造性の専門家、FourSight Denmark創設者。大学メディア・ジャーナリズム学部の基礎教育でクリエイティブ・コミュニケーション のプログラムディレクターを務めている。専門分野は創造性、創造的思考。

●サラ・サーバー(Sarah Thurber)
米国FourSight社マネジングパートナー。 ドルテ・ニールセンとともに2012年Firestien Family Creative Achievement Awardを受賞。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

ニールセン,ドルテ
ロンドンのオグルヴィでアートディレクターとして働き、D&AD賞やカンヌ・ライオンズといった広告賞を受賞したあと、故郷のコペンハーゲンに戻り、デンマーク・メディア・ジャーナリズム・スクールにクリエイティブ・コミュニケーション学科を創設。クリエイティブな才能の育成にたずさわっている。クリエイティビティに関わる神経科学を探求しつつ、デンマークのクリエイティブ産業の業界団体クリエイティブ・サークルの2期目の議長を務めている

サーバー,サラ
フリーライターとして世界を回り、シカゴを拠点にクリエイティビティをテーマとして執筆している。現在は、「フォーサイト・シンキング・プロファイル」を発行する国際的なイノベーション企業フォーサイトの業務執行社員として、認知の多様性や協調的問題解決に関する研究をサポートしている

岩崎晋也
翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)