タイトル日本の愛国心 - 序説的考察 (中公文庫)
著者・編者;佐伯 啓思
出版社;中央公論新社
出版年;2015年
ISBN;9784122061309
テキストリンクhonto amazon

内容紹介

西欧発のナショナリズム論では捉えきれない愛国心の問題。保守-左翼の図式的対立を超えた地点に立ち、「日本の精神」という磁場よりこの難問に挑む。

内容(「BOOK」データベースより)

日本人の愛国的心情が投錨するところは何処か。著者はこの問いかけを正面に据え、従来の保守派の位置から踏みだしつつ困難な領域へと思索の歩みを始める。西田哲学等に日本精神の系譜を求め辿る行路を記し、「日本」の独自性を見極めようとした記念碑的著作。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

佐伯啓思
1949(昭和24)年奈良県生まれ。東京大学経済学部卒。東京大学大学院経済学研究科博士課程単位取得。滋賀大学、京都大学大学院教授などを歴任。雑誌『表現者』顧問。専攻は社会経済学・経済思想史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

目次
  • 序論 なぜ愛国心なのか 
  • 第1章 愛国心という難問 
  • 第2章 愛国心と愛郷心とナショナリズム 
  • 第3章 愛国心と近代国家の論理 
  • 第4章 「負い目」をもつ日本の愛国心 
  • 第5章 歴史観という問題 
  • 第6章 日本の歴史観と愛国心