タイトル貨幣と欲望: 資本主義の精神解剖学 (ちくま学芸文庫)
著者・編者;佐伯 啓思
出版社;筑摩書房
出版年;2013年
ISBN;9784480095619
テキストリンクhonto amazon

内容紹介

無限に増殖する人間の欲望と貨幣を動かすものは何か。経済史、思想史的観点から多角的に迫り、グローバル資本主義を根源から考察する。

内容(「BOOK」データベースより)

今なぜグローバル経済は、きわめて不安定化しているのか。その深層には、限りなく増殖し続けている人間の欲望と貨幣の作用の存在がある。そしてそれらを突き動かしているものは、経済学だけではとうてい理解できない。フロイトやラカンの精神分析、ニーチェやハイデッガーの哲学的議論、さらにウェーバーやゾンバルトの社会学―これらを総合し、資本主義の誕生から現代に至るまでの経済を、単なる経済現象としてだけでなく、人間精神の表現として捉え直す。現代資本主義を根源から批判的に考察する「精神解剖学」の試み。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

佐伯啓思
1949年奈良県生まれ。東京大学経済学部卒業。東京大学大学院経済学研究科博士課程単位取得。現在、京都大学大学院人間・環境学研究科教授。専攻は社会経済学・経済思想史。著書に『隠された思考』(筑摩書房、サントリー学芸賞)、『「アメリカニズム」の終焉』(TBSブリタニカ、東畑記念賞)、『現代日本のリベラリズム』(講談社、読売論壇賞)ほか多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

目次
  • 序章 市場主義に抗して 
  • 第1章 重商主義者のつかの間の夢 
  • 第2章 ジョン・ローと「資本主義」の発見 
  • 第3章 二人の「錬金術師」―ジョン・ローとニュートン 
  • 第4章 “市民的資本主義”と悪魔の貨幣―ウェーバーとプロテスタンティズム 
  • 第5章 「罪の意識」と“ユダヤ的資本主義”―ウェーバー、ニーチェ、フロイト 
  • 第6章 ユダヤ人と「余計なもの」―“ユダヤ的資本主義”から帝国主義へ 
  • 第7章 「主体なき欲望」と貨幣―“分裂症的資本主義”の成立 
  • 第8章 「過剰」と「退屈」のグローバル資本主義 
  • 終章 「大地」と「世界」の抗争―結論的覚え書き 
  • 補論