タイトル天皇論の名著
著者・編者;北影 雄幸
出版社;勉誠出版
出版年;2018年
ISBN;9784585215370
テキストリンクhonto amazon


内容紹介

皇位継承を考える 天皇に関する評価は時代によって異なる。 また、個人の解釈も各人各様であり、歴史家・思想家・評論家等々によって種々の天皇像・天皇観が語られている。 日本国民必読の16冊! 皇位が継承される今こそ知っておきたい天皇論。

内容(「BOOK」データベースより)

天皇は、一大求心力であり、国民的精神の源泉であり、日本文化の象徴である。御代替わりの今こそ、知っておきたい天皇の本質。

著者について

北影雄幸(きたかげ・ゆうこう)
1949年東京都生まれ。早稲田大学卒業。若き頃より短歌の道を志し、日本語の美しさを学ぶ。平成年代に入り、[男の生きざま]をテーマに、武士道と軍人精神の究明に傾倒し、関連書籍の出版を重ねる。『甲陽軍鑑』を、武士道をキーワードに読み解いた『実録・風林火山―「甲陽軍鑑」の正しい読み方』(2007年)にて、第25回日本文芸大賞・歴史文芸賞を受賞。 その他の著書に、『三島由紀夫と「葉隠」』(2006年)、『武士道の美学』、『武家女性の美学』(2011年)、『戦国 十冊の名著』、『幕末 十冊の名著』(2012年)、『修身尋常小学校教科書に学ぶ』(2013年)、『武士道基本用語事典』(2013年)、『山頭火秀句鑑賞事典』(2014年)、『山頭火旅情鑑賞事典』(2014年)、『幕末の名著・檄文総解説』(2014年)、『キミもサムライになれる! ―武士道を知るための35ヶ条』『三島由紀夫の切腹―よみがえる葉隠精神』(2018年)などがある。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

北影雄幸
1949年東京都生まれ。早稲田大学卒業。若き頃より短歌の道を志し、日本語の美しさを学ぶ。『甲陽軍鑑』を、武士道をキーワードに読み解いた『実録・風林火山―「甲陽軍鑑」の正しい読み方』(2007年)にて、第25回日本文芸大賞・歴史文芸賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

目次

まえがき
歴史篇
  • 『神皇正統記』 北畠親房 
  • 『柳子新論』 山県大弐 
  • 『直毘霊』 本居宣長
  • 『古道大意』 平田篤胤 
  • 『弘道館記述義』 藤田東湖 
  • 『講孟余話』 吉田松陰 
  • 『軍人勅諭』
  • 『帝室論』福沢諭吉 
  • 『尊王論』 福沢諭吉 
  • 『国体の本義』 文部省
戦後篇
  • 『日本文化の現状について』 津田左右吉 
  • 『国史より観た皇室』 徳富蘇峰 
  • 『帝室論』 小泉信三 
  • 『天皇制について』 竹山道雄 
  • 『大東亜戦争肯定論』 林房雄 
  • 『文化防衛論』 三島由紀夫