タイトルオウムという現象―現代社会と宗教 (シリーズ文明のゆくえ―近代文明を問う)
著者・編者
  • 渡辺 学 著
  • 梅原 猛 総監修
出版社;晃洋書房
出版年;2014年
ISBN;9784771025745
テキストリンクhonto amazon

内容(「BOOK」データベースより)

今なぜ「オウム」を問うのか。震災以後、私たちはどこへ向かうべきなのか。各界からの知の問いかけ。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

渡辺学
1989年筑波大学大学院博士課程哲学・思想研究科修了。文学博士。現在、南山大学人文学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

目次
  • 第1章 時代背景 
  • 第2章 端緒―終末戦と超能力開発 
  • 第3章 ヨーガ教室から宗教団体へ―ヴァジラヤーナへの道 
  • 第4章 オウム真理教の成立―教理の概要と救済観 
  • 第5章 ヴァジラヤーナへの移行 
  • 第6章 元信者たちの告白―グル崇拝の呪縛