タイトル世界とつきあう心得 海外旅行からビジネスまで
著者・編者;植山 周一郎
出版社;阪急コミュニケーションズ
出版年;2014年
ISBN;9784484142067
テキストリンクhonto amazon

内容紹介

まず必要なのは、笑顔と中学校で学んだ英単語。この一冊で物怖じせずに、世界中の人たちと堂々とつきあえるようになります。

著者の50年以上の国際経験で、海外の人たちとつきあうために本当に必要だったことは、流暢に外国語を操ることでも、外国人のように振る舞うことでも、聞きかじった知識を披露するとか、会社の知名度や収入の多さでもありませんでした。大切なことは、まずは笑顔。そして自分の人柄を伝えたいという熱意を見せることです。その際、片言の英語でいいのです。
思いやりの気持ちと誠意をもって接すると、あなたという人をもっと知って個人的につきあいたい、一緒にビジネスをしたいと思ってもらえるはずです。その舞台が日本であろうと世界であろうと同じです。さあ、自分の目で世界を確かめましょう! 「シュー(著者)は私が会った日本人の中で最もグローバルな人間だ」 リチャード・ブランソン(ヴァージン・グループ創設者・会長)

著者について
1945年静岡県生まれ。一橋大学商学部卒業後、ソニー入社。英国ソニー販売部長、本社宣伝部次長などを歴任。1981年に(株)植山事務所を設立し、翻訳、講演、テレビ番組の企画・司会などを手がけたほか、サッチャー元英国首相の日本代理人とヴァージン・グループの顧問を務めた。1987年スタンフォード大学院S.E.P.終了。著書に『海外ビジネス実戦学』(講談社)、翻訳書に『ヴァージン―僕は世界を変えていく』(阪急コミュニケーションズ)など著訳書は42冊ある。現在、非常勤講師として、一橋大学でグローバルビジネスの英語講義を行うほか、藤井電工顧問を務める。2013年、日本から唯一の民間人として、サッチャー元首相の葬儀に夫妻で英国政府から招待され、参列した。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

植山周一郎
1945年静岡県生まれ。一橋大学商学部卒業後、ソニー入社。英国ソニー販売部長、本社宣伝部次長などを歴任。1981年に(株)植山事務所を設立し、翻訳、講演、テレビ番組の企画・司会などを手がけたほか、サッチャー元英国首相の日本代理人とヴァージン・グループの顧問を務めた。1987年スタンフォード大学院S.E.P.修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

目次
  • はじめに 
  •  Chapter 1 世界とつきあうための心構え 
  •  Chapter 2 世界とつきあうための語学術  
  • Chapter 3 世界とつきあうための海外旅行&出張術 
  • Chapter 4 世界とつきあうためのビジネス術 
  •  Chapter 5 世界とつきあうための海外赴任術 
  •  Chapter 6 世界とつきあうためのおもてなし術  
  • 国際人から学ぶ、世界とつきあう心得 
  • マーガレット・サッチャー元英国首相  
  • リチャード・ブランソン会長(英国ヴァージン・グループ) 
  •  盛田昭夫元ソニー会長 
  •  あとがき