タイトルもし孫子が現代のビジネスマンだったら
著者・編者;安恒理
出版社;フォレスト出版
出版年;2019年
ISBN;9784866800349
テキストリンクhonto amazon

内容紹介

◆孫正義、ビル・ゲイツも愛読する 不朽の名著の重要エッセンスを、 孫子が現代の課長として超実践的に解説! 武田信玄、ナポレオン、 孫正義、ビル・ゲイツなど 古今東西のリーダーが愛読する 不朽の名著「孫子の兵法」。 今でも 「ビジネスや人生に役立つ」バイブルとして、 広く知られています。 しかし、 「実際にちゃんと読んだことがない」 「読み始めたけれど、難しくて途中で挫折した」 「読んだことがあるけれど、あまり理解できていない」 「自分のビジネスや人生に、具体的にどう生かせばいいかわからない」 といった人が多いのも事実です。 そんな悩みを抱えている人に、 おすすめなのが本書です。

◆書名タイトルのとおり、 孫子が現代のビジネスマン(課長)として降臨し、 【価格競争】【商談交渉】【情報収集】 【上司や部下の使い方】【データ活用】など、 具体的なビジネス事例を交えながら、 わかりやすく解説していきます。 「孫子の兵法」の重要エッセンスが 各所にちりばめられており、 知識ゼロから楽しく学べることができます。 著者は、 孫子関連本(「現代ビジネス兵法研究会」名義)や ビジネス書、政治・経済関連書を中心に、 数々のベストセラーを世に送り出している人物。 「孫子の兵法」を読んだことがない人にはもちろん、 すでに読んだことのある人にも、 役立つ内容が満載の1冊です。

◆本書の内容

はじめに――なぜ『孫子』はビジネスに役立つのか?

〇序章 『孫子』は、「情報」に重きを置く
  • 『孫子』とは何か?
  • 孫子が最も言いたかったこと
  • 敵と味方を比べる5つのポイント
  • どちらが有利かを見極める7つの視点
  • 現代のビジネスにおける敵は2種類
  • 『孫子』が後世に与えた影響
  • あなたの「情報感度」をチェック
  • モノゴトの一面だけを見るな
  • 「思い込み」は墓穴を掘る
  • 別の視点でモノゴトを見るクセをつける
  • 安易なレッテル貼りをしていないか
  • 冤罪を生むメカニズムからわかること
〇第一章 相手をよく観察し、状況をしっかり把握する
  • 目先の利益ばかりを追求していると、大きな利益を逃す
  • 情報は多角的に入手し分析する
  • 交渉前には、相手の状況をよく知っておく 他
〇第二章 勝ちを拾うネタはここにある
  • 難攻不落の相手の口説き方
  • 巨大な敵と対抗せず、敵の大きな力を利用する
  • お客様からのクレームは宝の山
  • 相手が次にどう出るかを先読みする
  • 柔軟性が勝利を呼び込む 他
〇第三章 この嘘にダマされるな
  • 早い行動と情報操作が成功につながる
  • その情報は本物かどうかを再確認せよ 他
〇第四章 自らの情報は相手に漏らさない
  • 相手にこちらの動きを悟られない方法
  • 相手の情報操作にご用心
  • 相手の諜報活動から身を守る方法
  • 情報提供者への利益供与を惜しんではいけない
〇第五章 情報をうまく伝え、相手をコントロールする
  • 情報発信は、作法とタイミングが9割
  • ピンチのときこそ、リーダーは強気たれ
  • あえて自分の動きを見せつけて、相手をコントロールする 他
内容(「BOOK」データベースより)

価格競争、商談交渉、情報収集、部下の動かし方、データ活用…。現代のビジネスシーンに落とし込みながら、ビジネスを制するために、孫子課長がわかりやすくアドバイス。「孫子の兵法」の重要エッセンスをリアルに楽しく学べる本。部下も顧客もライバルも、戦わずして思いどおりに動かす方法。

著者について

安恒 理(やすつね・おさむ) 現代ビジネス兵法研究会代表。 1959年生まれ。大学卒業後、出版社勤務。ビジネス雑誌の編集を15年間務め、多くの経営者やビジネスマンを取材する。フリーとして独立後、「現代ビジネス兵法研究会」を設立。同会は、ビジネスの成功法則を「孫子の兵法」の視点から研究・分析を行なっている。会社経営者、銀行マン、商社マン、弁護士、公認会計士、編集者、ファイナンシャルプランナー、学生、主婦など、会員はさまざま。 著書に、ベストセラー『なるほど! 「孫子の兵法」がイチからわかる本』(現代ビジネス兵法研究会名義)はじめとする孫子関連本のほか、『いちばんカンタン! 株の超入門書』などのビジネス書、政治・経済関連書多数。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

安恒理
現代ビジネス兵法研究会代表。1959年生まれ。大学卒業後、出版社勤務。ビジネス雑誌の編集を15年間務め、多くの経営者やビジネスマンを取材する。フリーとして独立後、「現代ビジネス兵法研究会」を設立。同会は、ビジネスの成功法則を「孫子の兵法」の視点から研究・分析を行なっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)