タイトル凡人起業 35歳で会社創業、3年後にイグジットしたぼくの方法。
著者・編者;小原 聖誉
出版社;CCCメディアハウス
出版年;2019年
ISBN;9784484192062
テキストリンクhonto amazon

内容紹介

凡人には凡人の戦い方がある!
「凡人起業ドリブン」で起業をハック

今の日本は個人のエンパワーメントがしやすい時代であり、 起業するリスクは一般に考えられているより格段に低いです。
意識が高い人に限らず、普通に仕事をしてきた人なら誰でも起業はできます。
ただし、問題はロールモデルがないこと。
本書では、スタートアップと大企業の双方を経験、 起業&イグジットを成功させた著者が、 自らをロールモデルに 「凡人のための起業のしかた」について、 マインドとスキル両面から説明します。
あなたは仕事ができる人材でありながら起業など考えもせず、 もしかしたら会社で「消化試合」をしてしまっている もったいないサラリーマンになってはいませんか?
そんなあなたに、本書は「起業」の視点を注入します。 それが「起業を民主化」し、ひいては日本全体の生産性を上げ、 日本の未来を明るくすることにつながると思うからです

内容(「BOOK」データベースより)

会社や上司に文句を言うより自分で意思決定できる人生、選んでみませんか?「起業」を徹底的に因数分解して、凡人でもうまくいく方法、見つけました!凡人の、凡人による、凡人のための「起業の歩き方」教えます。

著者について

起業家・エンジェル投資家、株式会社StartPoint代表取締役。 1977年生まれ。98年、大学在学中に起業家のインターンに参加したことでベンチャー企業の経営を間近で見る機会にめぐまれ、「やがては自分も起業しよう」と考えるきっかけとなった。 2013年、株式会社AppBroadCast創業。起業を意識してから15年が経っていた。 ABC社ではスマホゲームのマーケティング支援事業を独自のフレームワークに基づいて展開。徹底して凡人であることを前提に経営したことで、立ち上げたメディアは2年で400万ダウンロードを超えた。 創業して3年目の2016年、大手通信会社グループに同社をバイアウト。 現在は自らの創業経験をもとにIT起業の支援・投資活動を行っている。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

小原聖誉
起業家・エンジェル投資家、株式会社StartPoint代表取締役。1977年生まれ。98年、大学在学中に起業家のインターンに参加したことでベンチャー企業の経営を間近で見る機会にめぐまれ、「やがては自分も起業しよう」と考えるきっかけとなった。2013年、株式会社AppBroadCast創業。起業を意識してから15年が経っていた。ABC社ではスマホゲームのマーケティング支援事業を独自のフレームワークに基づいて展開。徹底して凡人であることを前提に経営したことで、立ち上げたメディアは2年で400万ダウンロードを超えた。創業して3年目の2016年、大手通信会社グループに同社をバイアウト。現在は自らの創業経験をもとにIT起業の支援・投資活動を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)