タイトルアステイオン (74) 【特集】人と人との戦後日米
著者・編者;アステイオン編集委員会 編
出版社;阪急コミュニケーションズ
出版年;2011年
ISBN;9784484112114
テキストリンクhonto amazon

内容紹介

<■特集■>

人と人との戦後日米 [巻頭言] 田所昌幸(慶應義塾大学法学部教授)
  • 知識人たちが見つけた「アメリカの匂い」 ……阿川尚之(慶應義塾大学総合政策学部教授) 
  • 日本文化の中のアメリカ――文学からジャズまで ……マイク・モラスキー(一橋大学大学院社会学研究科教授) 
  •  「聖林(ハリウッド)」に酔った日本人 ……川本三郎(評論家) 
  • クール・ジャパンの繁栄と不安 ……渡辺 靖(慶應義塾大学環境情報学部教授)  
  • 日米民間交流の系譜 ……山本 正(日本国際交流センター理事長)  
  • 国境を越えた信頼関係――バンカーたちの戦後 ……緒方四十郎(元日本銀行理事) 
  • 基地をめぐる「想い」のずれ ……山口 昇(防衛大学校教授)  
  • ジョセフ・ナイ教授を囲んで アジアを考える日米 ……デーヴィッド・A・ウェルチ(ウォータールー大学教授)、田中明彦(東京大学副学長)、田所昌幸(慶應義塾大学法学部教授) 
  •  チェンバレンの俳諧論 ……芳賀 徹(東京大学名誉教授)  
  • 解釈は作品の姿を変える ……高階秀爾(大原美術館館長、西洋美術振興財団理事長)
<世界の思潮>
  • マンダリン2・0――中国の新世代知識人たち ……マーク・リラ(コロンビア大学教授)  
  • ゆがんだ民主主義 ……アレクサンダー・スティル(コロンビア大学教授) 
  • ヨーロッパの「漫画学会」 ……佐伯順子(同志社大学社会学部教授) 
  • アメリカ共和制の危機? ……宇野重規(東京大学社会科学研究所准教授)  
  • 試されるリベラリズム――グローバルとナショナルのあいだの市民権(シティズンシップ) ……遠藤 乾(北海道大学法学部教授) 
  • 二つの隣国への不信――韓国の尖閣問題報道 ……平岩俊司(関西学院大学国際学部教授) 
  • 共感の由来と未来 ……山極寿一(京都大学大学院理学研究科教授) 
  •  「過剰な原理主義」の時代?――「リマスター盤」、「古楽器演奏」、「アメリカ流民主主義」という三題噺 ……渡辺 裕(東京大学大学院人文社会系研究科教授)  
  • 観光地の俗悪 ……藤森照信(工学院大学建築学部教授) 宛名書き ……奥本大三郎(ファーブル昆虫館館長)
<連載>
  • 神話と舞踊――文明史試論(連載第六回) ……山崎正和(劇作家)