栗山千明が着物姿で徒然草を朗読「心地よく聴いていただけるように」より引用
 女優、栗山千明(34)が10月20日に行われるクラシック音楽のイベント「時の響」(京都コンサートホール)に出演し、着物姿で「徒然草」を朗読することが7日、分かった。 
 京都市交響楽団による音楽と、文化、歴史、最先端技術のコラボレーションコンサートで、今年で3回目。栗山は第1部でナビゲート役を務め、第2部では着物姿で登場し、吉田兼好による随筆の名作「徒然草」の令和の現在にも通じる哲学的要素を語る部分を抽出して朗読。その言葉に京都で歌い続けられた「京のわらべうた」をモチーフにした、ロックバンド、くるりの岸田繁(43)作・編曲のオーケストラ演奏の変奏曲が絡み合う。
徒然草についてはほとんど読む機会がないのできっかけになればと思いました。ニュースとか動画配信があると助かります。


新版 徒然草 現代語訳付き (角川ソフィア文庫) 

 

すらすら読める徒然草 (講談社文庫)