タイトル三島弥太郎関係文書
著者・編者
  • 尚友倶楽部 
  • 季武 嘉也 編
出版社;芙蓉書房出版
出版年;2002年
ISBN;4829503130
テキストリンクhonto amazon

内容(「BOOK」データベースより)

明治末から大正期に活躍した三島弥太郎の人物像を明らかにする貴重な史料(書簡・日記・関係書類)を翻刻。

内容(「MARC」データベースより)

「政治家」貴族院会派「研究会」のリーダー、「銀行家」横浜正金銀行頭取・日本銀行総裁として、明治末から大正期に活躍した三島弥太郎の人物像を明らかにする貴重な史料(書簡・日記・関係書類)を翻刻。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

季武嘉也
1954年生まれ。1985年東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。現在、創価大学教授。博士(文学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

目次
  1. 書簡 
  2. 日記 
  3. 書類(神前修二衆議院議員「郡制廃止意見書」 日仏銀行に関する森賢吾ロンドン駐在財務官との往復電報 四国借款団問題に関する三島弥太郎覚書 ほか) 
  4. 三島弥太郎関係書簡総目録(『三島弥太郎関係文書』解説 私人としての三島弥太郎 貴族院議員・銀行家としての三島弥太郎)