タイトル竹取物語 (角川文庫)
著者・編者;星 新一 訳
出版社;KADOKAWA
出版年;2008年
ISBN;9784041303252
テキストリンクhonto amazon

内容紹介

絶世の美女に成長したかぐや姫と、五人のやんごとない男たち。日本最古のみごとな求愛ドラマをSF界の名手がいきいきと現代語訳。男女の恋の駆け引き、月世界への夢と憧れなど、人類普遍のテーマが現代によみがえる。

内容(「BOOK」データベースより)

絶世の美女に成長したかぐや姫。彼女を射止めたい5人のやんごとない男たちは、与えられた難題をクリアしようと奮闘するが、姫は姿も見せず、月の彼方へと帰ってしまう―。日本最古のみごとな求愛ドラマを、星新一がいきいきと楽しく現代語訳。モテたい男と謎の美女の恋のかけ引き、月世界への夢と憧れ、人類不滅のテーマをSF界の名手が現代に蘇らせた新しい名作。

著者について

1926年東京生まれ。東京大学農学部卒。1968年『妄想銀行』で第21回日本推理作家協会賞受賞。ショートショートの第一人者として1001以上の作品を発表した。著書に『きまぐれロボット』『ちぐはぐな部品』『宇宙の声』『声の網』他多数。1997年、永眠。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

星新一
1926年東京生まれ。東京大学農学部卒。57年日本初のSF同人誌「宇宙塵」の創刊に参加。68年『妄想銀行』で第21回日本推理作家協会賞受賞。ショートショートの第一人者として1001以上の作品を発表した。その他、時代小説、少年小説など多方面で独創性を発揮。97年、永眠(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


オフィス樋口Books245-0001