2019年8月9日に受信したフォーリンアフェアーズのメールマガジンです。

フォーリン・アフェアーズ・リポート 2019年8月号

<8月号のご紹介>

インターネット時代のいまや、アメリカ戦略軍の地下核司令センターのスクリーンには秘密情報とともにツイッターが表示されている。「スパイと嘘とアルゴリズム」。そして、インターネットが作り出す膨大な情報を基に学習していく「人工知能」にわれわれは何を期待するのか。ほとんどの場合、正しい答を出せても、AIが間違えることもあるし、なぜ間違えたか、その理由をわれわれは知りようもない。「人工知能への備えはできているか」は、AIに何を期待し、リスクと恩恵のバランスを社会がどう見極めるかで、今後、人間がAIとどのような関係を築いていくかが左右されると指摘しています。資本主義を貿易システムと金融からそれぞれ分析した「国内経済と世界経済のバランス」、「社会に貢献できる金融システムを」は、今後の経済システムだけでなく、ポピュリズムに翻弄される現在の政治をどのように変化させていくかを考える上でも不可欠の視点を示しています。この他にも、イランとの衝突は地域紛争へ即座に拡大すると警告し、自制を説く「制御不能な戦争」、イランと石油の地政学、ヨーロッパの自立と新米欧関係、中国は貿易戦争をどう見ているか、アルコールとアメリカの精神など、刺激的な論文を掲載しています。

<2019年8月号プレビュー>
  • 国内経済と世界経済のバランス、人工知能への備えはできているか、ほか → https://www.foreignaffairsj.co.jp/focalpoints/2019-8-9-fri/ 
<From Our Database>
  • クラシックセレクションより → https://www.foreignaffairsj.co.jp/focalpoints/2019-8-8-thu/
<イラン制裁が同盟関係を揺るがす> ―― 
  • 強硬策に揺れる同盟関係と秩序 → https://www.foreignaffairsj.co.jp/focalpoints/2019-8-7-wed/
  • 人工知能への備えはできているか ―― 高度に社会的なロボットの脅威 → https://www.foreignaffairsj.co.jp/focalpoints/2019-8-6-tue/ 
  • 朝鮮半島をめぐる米中の攻防 → https://www.foreignaffairsj.co.jp/focalpoints/2019-8-5-mon/