2020年1月31日に受信したフォーリンアフェアーズのメールマガジンです。

フォーリン・アフェアーズ・リポート 2020年2月号

<2月号のご紹介>

2020年2月号の特集<資本主義の未来>では新自由主義後の経済システムを検証した論文を4本掲載しています。多様な議論で用いられているキーワードは「新社会主義運動」、「社会民主主義」、「新しい社会契約」、「メリトクラシー」、「ステイクホールダー資本主義」です。サプライチェーンやネットワークは相互依存を高める一方で脆弱性を作り出していると指摘し、もはや経済の切り離しは不可能だとみなす「鎖につながれたグローバル化」はきわめて斬新な視点を提供しています。このほかにも、「気候変動と石油資源開発」、米中露の「大国間競争」、「欧州連合」の未来といったテーマの論文に加えて、<ソレイマニ後の中東>を特集しています。

<2月号プレビュー>
  • 欧州連合の未来、鎖につながれたグローバル化、気候変動対策か石油資源開発か → https://www.foreignaffairsj.co.jp/focalpoints/2020-1-31-fri/
<2月号プレビュー>
  • 「新社会主義運動」の幻想と脅威、鎖につながれたグローバル化 、気候変動対策か石油資源開発か → https://www.foreignaffairsj.co.jp/focalpoints/2020-1-30-thu/  
  • 中東における全面戦争のリスク ―― 何が起きても不思議はない → https://www.foreignaffairsj.co.jp/focalpoints/2020-1-28-tue/   
  • 監視資本主義と暗黒の未来 ―― ビッグテックとサーベイランスビジネス → https://www.foreignaffairsj.co.jp/focalpoints/2020-1-27-mon/