オフィス樋口Books

オフィス樋口Booksでは、政治学、経済学、社会学、哲学・倫理学、数学、法学の専門書、読書用の本、CD、DVDの情報を配信しています。オフィス樋口の管理人が読んだ本の感想や注目している本・CD・DVDを紹介します。 2015年11月よりアマゾンのマーケットプレイスに読み終えた本を出品しています。安くて良い本とCDを出していますのでアクセスしてください。 オフィス樋口Booksのストアで配信しています。在庫状況については「アマゾンに出品中」で配信しています。

日記

オーケストラと古典の朗読

栗山千明が着物姿で徒然草を朗読「心地よく聴いていただけるように」より引用
 女優、栗山千明(34)が10月20日に行われるクラシック音楽のイベント「時の響」(京都コンサートホール)に出演し、着物姿で「徒然草」を朗読することが7日、分かった。 
 京都市交響楽団による音楽と、文化、歴史、最先端技術のコラボレーションコンサートで、今年で3回目。栗山は第1部でナビゲート役を務め、第2部では着物姿で登場し、吉田兼好による随筆の名作「徒然草」の令和の現在にも通じる哲学的要素を語る部分を抽出して朗読。その言葉に京都で歌い続けられた「京のわらべうた」をモチーフにした、ロックバンド、くるりの岸田繁(43)作・編曲のオーケストラ演奏の変奏曲が絡み合う。
続きを読む

作家の田辺聖子さん死去

NHKニュース『作家の田辺聖子さん死去 91歳』より引用
人生の機微を軽妙に語る小説やエッセーで人気を集めた作家で、文化勲章を受章した田辺聖子さんが、今月6日、胆管炎のため亡くなりました。91歳でした。
続きを読む

個人的に注目!久松郁実、DVD発売

ブックマークが大量にあったので整理していたら出てきました。個人的に注目したいと思います。

2019年3月16日のiZaの記事『久松郁実、30日に大阪でDVD発売イベント「爽やかさと大人っぽさ」
 モデルで女優、久松郁実(23)が29日に第7弾DVD「大スキ●(=ハートマーク)」(BSフジ、4104円)を発売する。
 DVD作品では初めてハワイで撮影。健康的で爽やかなビキニ姿はもちろん、女優らしい表情やしぐさにも注目だ。オープンカーでの撮影やデートのシーンにも挑戦した久松は「きれいなビーチで遊んだり、ベッドでしっとりとしたシーンを撮影したり、爽やかさと大人っぽさの両方を楽しんでいただけると思います」とアピールした。


続きを読む

文芸評論家の加藤典洋さんが死去

文芸評論家で、早稲田大学の加藤典洋名誉教授が71歳で死亡しました。中学の国語の授業で、この教授の論説文について触れたことがありませんが、機会があれば著書を読みたいと思いました。

文芸評論家の加藤典洋さんが死去 71歳(NHKオンライン、2019年5月20日にアクセス)
 戦後の日本社会を問う評論などを数多く発表した文芸評論家で、早稲田大学名誉教授の加藤典洋さんが、今月16日、肺炎のため東京都内の病院で亡くなりました。71歳でした。

加藤さんは山形県出身で、東京大学文学部を卒業後、国立国会図書館に勤務するかたわら評論活動を始めました。

昭和60年に刊行されたデビュー作「アメリカの影」では、戦後の日本社会をアメリカとの関係性から斬新な視点で捉え直して注目を集め、その後も現代文学から思想史、社会時評まで、幅広い分野で評論活動を展開しました。

平成9年に「言語表現法講義」で新潮学芸賞を、平成10年に「敗戦後論」で伊藤整文学賞を受賞しています。

続きを読む

2019年4月に購入した本

2019年4月に購入した本です。
続きを読む

スパガ渡邉幸愛 20代で初めてのDVDにうれし恥ずかし

スパガ渡邉幸愛 20代で初めてのDVDにうれし恥ずかし・・・イチ押しシーンは・・・より引用
 アイドルグループ・「SUPER☆GiRLS」の渡邉幸愛(こうめ・21)が14日、都内でDVD「SHINE!」(3月22日発売)の発売記念イベントを行った。
 DVDについて「メンバーがエロいと言ってくれた」と照れながらもうれしそうに話した渡邉。中でも海辺で浴衣を自分で脱いでいくシーンが「見ちゃいけないものを見た感じ」と自身がいいと思う、イチ押しシーンを説明した。
渡邉幸愛/SHINE! [DVD] 

元局アナが大胆写真集をアピール

元局アナが大胆写真集をアピール ニュース読みでのまさかの秘密も告白より引用
 元東北放送アナウンサーで、“日本一エッチな女子アナ”の異名を取る薄井しお里(28)が20日、東京・新宿で写真集「シ・オ・リ」の発売記念イベントに出席した。
 薄井は、黒地に白い水玉柄のビキニで登場。ハワイで撮影した同作は、ベッドに横たわった薄井のパンティーの紐を女性マネジャーが引っ張り、はだけた大胆ショットも掲載。「局アナ時代からノーパンでニュースを読んでいたので、薄井といえばノーパンティーかなと思うので、楽しみながら見て頂きたい」と妖艶な笑みを見せた。
薄井しお里 ファースト写真集 『 シ・オ・リ 』 

新元号「令和」、万葉集に注目!

新元号「令和」の出典が万葉集ということで、万葉集が注目されています。

新元号 出典の「万葉集」や関連本が書店で人気集める(2019年4月2日12時21分)より引用
 新しい元号「令和」の発表を受けて、書店では元号の出典となった「万葉集」やその入門書が人気を集めています。
 このうち、東京・新宿にある紀伊國屋書店では、1日まで新元号の「令和」が引用された序文が載った「万葉集」の在庫が数冊ありましたが、発表のあと売り切れてしまい、すぐに出版社に注文を出したということです。
続きを読む

ドナルド・キーンさん死去

ロナルド・キーンさんが病気のため死亡しました。このニュースを聞いて、驚いたというのが正直な感想です。高校生向けに文学について講義をすることがあるので、ドナルド・キーンさんの著書を紹介できればと思った次第です。

NHKニュース;「ドナルド・キーンさん死去 96歳」(アドレス;https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190224/k10011826221000.html)
文化勲章を受章した日本文学の研究者で、東日本大震災をきっかけに日本国籍を取得したことでも知られるドナルド・キーンさんが、24日朝、心不全のため、東京都内の病院で亡くなりました。96歳でした。

ドナルド・キーンさんは、1922年にニューヨークで生まれ、アメリカ海軍の学校で日本語を学びました。 戦後、京都大学に留学したあとアメリカ・コロンビア大学の教授を務めるなどして、半世紀以上にわたって日本文学の研究を続けてきました。

平安時代から現代までの日本人が書いた日記について解説した「百代の過客」や「日本文学史」など、数々の著作を通じて独自の日本文学論を展開したほか、能や歌舞伎といった日本の古典芸能の評論にも活動の幅を広げ、日本文化について鋭い批評を加えました。
続きを読む

作家の堺屋太一さん死去

作家の堺屋太一氏が亡くなりました。このところテレビで見ることがなかったので気になっていたのですが、入院していたことを初めて知りました。この後の大阪万博を楽しみにしています。

作家の堺屋太一さん死去 小説「団塊の世代」より引用
「団塊の世代」などの小説で知られ、平成10年から2年間、経済企画庁長官も務めるなど、政治や経済、文芸など、幅広い分野で活躍した堺屋太一さんが、8日多臓器不全のため亡くなりました。83歳でした。

2019年1月に購入した本

2019年1月に購入した本です。

哲学者 梅原猛さん死去

梅原猛さんについて、私が受験生だった頃、現代文の評論文でよく問題になっていたことを思い出しました。

NHKニュース『哲学者 梅原猛さん死去 93歳』より引用
 日本古来の文化や思想を独特の視点で研究した哲学者で、文化勲章を受章した梅原猛さんが、12日、肺炎のため亡くなりました。93歳でした。
 梅原猛さんは大正14年、仙台市に生まれ、京都大学の哲学科を卒業したあと哲学者としての道を歩みました。
 その後、立命館大学や京都市立芸術大学で教授を務めて日本の歴史や文化、思想を独特の視点で読み解いた多くの著作を発表し、その学問は「梅原日本学」と呼ばれました。
 中でも、法隆寺の建立について独自の解釈をした「隠された十字架」や、万葉の歌人、柿本人麻呂の生涯について検証した「水底の歌」は、通説にとらわれない発想で大胆な仮説を展開し、話題となりました。
続きを読む

イスラエルの作家、アモス・オズ氏が死去

2018年12月29日のCNNニュース『イスラエルの作家、アモス・オズ氏が死去 79歳』より引用
 イスラエルの著名な作家、アモス・オズ氏が28日、がんのため死去した。娘が同日明らかにした。79歳だった。
 娘のファニア・オズ・ザルツバーガー氏はツイッターに、「最愛の父アモス・オズが今日、がんとの短い闘病の末、穏やかに息を引き取った。素晴らしい家庭人であり、作家であり、平和と穏健を愛する人でもあった」とつづった。
この作家についてはほとんど知りませんが、話のネタを広げるために取り上げました。


作家・和久峻三さん死去

2018年12月29日のiZaの記事『「赤かぶ検事」シリーズの作家、和久峻三さんが死去』より引用。
 「赤かぶ検事」シリーズなどの法廷ミステリーを数多く手掛けた作家の和久峻三(わく・しゅんぞう、本名・古屋峻三=ふるや・しゅんぞう)さんが10月10日に心不全のため死去した。88歳。大阪市出身。遺言により葬儀は行わなかった。
 京都大法学部を卒業後、新聞記者を経て作家に。後に司法試験に合格し、弁護士としても活動した。「仮面法廷」で昭和47年に江戸川乱歩賞、「雨月荘殺人事件」で平成元年に日本推理作家協会賞を受賞した。
これまでにテレビドラマで京都殺人案内を見たことがありますが、作家だけでなく司法試験に合格して弁護士としても活動していたことを初めて知りました。弁護士としての経験を刑事ドラマのシリーズに活かしていたのかもしれません。


2018年12月に購入した本

2018年12月に購入した本です。

ブクログ
アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード
    記事検索
    カテゴリ別アーカイブ
    マンガ新聞
    • ライブドアブログ